プロも愛用フットジョイ2代目スパイクレス。Boaと紐の履き比べ

2018-10-24

久しぶりのレビューはフットジョイの”プロSL シューズ”。2代目が販売開始になっているが、実は初代モデルを履く機会が無かったので今回がお初となる。カジュアルなイメージにも関わらずトーナメントプロも使用する本格派らしい。つい先日GDOのイベントでチームメンバーが履いているのを見て、良いデザインだと思っていたところだ。見た目はシンプルで、履かずとも柔らかそうな印象。コッペパンの様な曲線を描くトゥのアッパーデザインと、角の取れたソールデザインがそんなイメージを持たせた。このシューズはダイヤル式のBoaと、紐の2タイプが選べる。今回は両方を片足ずつ履いてしっかり比べたい。

 

フットジョイ定番の、ヒール側に配置されたBoaのダイヤル。今さらBoaを語る必要は無いと思うが、個人的にはBoaがシューズのどこに配置されていても、パンツの裾が当たり変なクッションが出てシルエットが崩れがちなので、あまり好ましくない。しかし、この便利さは簡単にやめられない。
一方で紐。こちらは見た目がやや頼りない感じ。言い方を変えれば柔らかくやさしい素材感といったところだろうか。キツく結んでも前半6ホール目で解けてしまうんじゃないか、とやや不安な感じがある。

 

そしてソール。スパイクレスシューズでこんなに鋭い突起が付いたモデルは他にあっただろうか。「突起が付く」というより「突起が突く」の方が見た目と合ってしっくりくる。ここも楽しみなポイントの一つだ。
早速、全て箱から取り出しタグを切って足入れ。

 

左にBoaタイプ、右に紐タイプを履き、左手でダイヤルを回しワイヤーを締め付ける。そして両手で頼りない紐を結び、立ってアドレスしてみる。と、その瞬間―新しい履き心地に驚き、両足ともシューズを脱いだ。インソールを取り外して見たかったからだ。予想は的中!どころか、それを上回る出来栄えだった。こんな厚みを持たせたインソールは珍しい。柔らかく気持ちが良い履き心地の秘密はここにあった。これまでに感じてきた柔らかさとは、また別ものだ。単に柔らかいのではなく、ある一定以上の加重があるとしっかり沈み受け止めてくれる感じだ。それを特に感じるのは、歩行時のつま先加重でググッと沈みこむ時だ。フニャフニャした柔軟さではなく、ある程度の反発があり必要に応じてクッションが効く感じだ。そうそう、足裏の感じに興奮したがこの軽さも伝え忘れてはいけない。

 

ソフト防水人工皮革をアッパー素材に使用されている。柔らかいソールと軽量設計と非常に相性が良くバランスの高さを感じる。
スイング時はどうだ。朝露が乾いたゴルフ場の芝で9ホール試す。ほんの少しトゥ側が高くなっているかかと重心設計。ヒールカップの収まりもまずまず。しっかり芝を捉えた、ソールの突起がスイング時も左ひざの壁をしっかり保たせてくれる。ブレない。
全体的にソフトなモデルなだけに暴れることを想像していたが、しっかり裏切られた。そしてよじれに強い。だからバランスを崩し難いのだ。手でよじってみようとも上手くいかない。見た目はやさしく、たくましいソールだ。

 

まとめると、人当たりが良くやさしい存在だが、ブレない軸を持つ強い信念は多くの支持を受けるドカベン的存在か。ここ最近のやわらかブームでも一味違った個性を持っている。ただし、気になったのがBoaの方。スイングに必要な分Boaを回し締め付けたが、最上部のBoaレースはきつくトゥ側は若干の余裕を感じることだ。つまり中央はやや緩く、足首部分がきつい。また歩行時にベロに過重がかかると履き口部分が若干広がる。足幅が若干細めな私の足には気になる点だった。
結論、紐タイプが個人的にはおすすめ。スイング時にバランスを崩しフィニッシュがキレイに決まらない方や、「軽くやわらかいモデルを探しているがフニャフニャはちょっと」と考えている方に是非トライしていただきたい。

 

 

 

 

ご感想をお聞かせください

お楽しみいただけるコンテンツをお届けするため、アンケートの協力をお願いしております。
今後の特集記事の参考にさせていただきます。(回答時間ー約30秒)

 

室井 孝 / ムロイ タカシ

GDOゴルフショップの金庫番 シューズ愛は中学時代のエア・ジョーダンシリーズから。学生時代、定期テストの時間が余ると問題用紙のウラにシューズの絵を描いて時間を潰していた。自宅の部屋には靴屋を真似しディスプレイの棚を設置。それを見に来るだけの友人が居たほど。現在の所有数は60足程度。時には飾り眺め、時にはウィスキーで靴を磨く男。40才。新婚。