世界最大級のゴルフ用品展示会・PGA SHOWに行ってきました

先月、アメリカで開催された世界最大規模のゴルフ商品見本市「PGA MERCHANDISE SHOW 2019」に潜入してきました!今回はその様子を、ほんの一部ですがご紹介いたします。

 

PGA SHOWとは

「”PGA MERCHANDISE SHOW”って何?」という方のために、簡単にご説明します。

”PGA MERCHANDISE SHOW”とは、毎年1月にフロリダ州オーランドで行われているイベントで、世界各国のゴルフビジネスに携わる商品や情報が一堂に会する祭典です。今でこそインターネットが普及したおかげで新商品などの情報は簡単に手に入れられますが、以前は各メーカーがこの日に合わせてニューモデルをお披露目する大事なイベントとなっていました。もちろん今回も、まだここでしか触れられないようなものもたくさんありましたよ!

 

DEMO DAY

まずは、実際に展示される商品たちを試すことのできる”DEMO DAY”から。とてつもなく広い屋外の敷地に360度円を描くようにメーカーのブースが並んでいました!

ギアの試打会を中心に、シャフト、練習器具、グリップ、シミュレーションなど出店数が多く、日本では考えられない規模でした。注目のメーカーは当然ブースが大きく、試打に行列ができるほど。日本でも注目度の高いキャロウェイゴルフのブースはひときわ大きく、人気がうかがえたEPIC FLASHの試打には長蛇の列ができていました。

 

アメリカにも高齢化の波?

例年と比べると、低周波治療器やマッサージ、日常的なワークアウトの提案などボディケア関連の出展が目立っていた印象がありました。話を伺ってみると、どうやら米国ゴルファーの高齢化も進んでいるとのことで、この辺りのケアもビジネスチャンスになっているようです。日本の大人気クラブ・ゼクシオ(XXIO)が良い例で、ゴルフチャンネルを見ているとメジャーチャンピオンのアーニー・エルスを採用したCMが頻繁に流れていました。ひと昔前なら、アメリカ国内においてシャフト重量50g程度、クラブ総重量が290gを切るような軽量ドライバーは市場的に苦戦してしまいそうな商品だったはず。それが今では少しずつですが浸透してきているようです。

 

いよいよPGA SHOWへ!

2日目に、ついにPGA SHOWに潜入です!
日本のビッグサイトのような大きい施設で行われるPGA SHOW。入口には赤い絨毯が敷かれ大きなモニターがあったりと、とてもゴージャスな印象です。いざ中に入ってみると、会場の右半分がアパレルメーカー。日本で行われるJGF(ジャパンゴルフフェスタ)は、ギアメーカーが大半を占めているイメージなので、このアパレルメーカーの数の多さには驚きました。

 

注目のアパレルメーカーはこれ!

GDOゴルフショップでも人気のジャックバニーバイパーリーゲイツは、2020年度を目途にアメリカ進出を予定しているのだそう。ブースは小さめで端のほうにありましたが、色使いといいデザインといい、ひときわ目立っていました。海外向けにメンズは7サイズまで展開予定なんだとか!今後の動向に注目ですね。

 

こちらは老舗ブランドのラルフローレン。ショッピングしにきたと錯覚してしまうような、本格的な店構えやおしゃれなディスプレイはさすがでした。2019年秋冬モデルからレディスのデザイナーが変わったことで、上品なデザイン・シルエットに加えて鮮やかな色使いになったようです。

 

カート開発が”ガチ”な件

ゴルフ関連の会場でヤマハを目にするとゴルフクラブをイメージしてしまいますが、アメリカではカートが主流。PGA SHOWはゴルフビジネス全般のモノやサービスを展示しているので、クラブやウェアに限らずゴルフ場運営のためのカートや残距離表示の杭やピンフラッグ、カートに乗せるGPSナビなども多数出展されています。そんな中でもかなり大きなスペースを取っていたのが、ヤマハ発動機のゴルフカート!影響力の大きさを感じました。

今回、社内で注目の1台として話題に上がっていたカートメーカーに話を聞くことができました。一人乗り・バイク型カートと聞くと、日本では少し奇抜な印象を受けますが、開発メーカーはいたって真剣。「一人一人がカートでボールのところまで行くことで当然プレーファストを実現できる。それはゴルフ場にとっても良いことだし、ゴルファーにとってもプレー時間が短く手軽にできることは良いことだ。それに、みんなでゴルフ場をツーリングしたら楽しいだろ!?」と熱く語ってくれました。確かにプレーファストの観点から、各自がクラブをもってボールのところへアクセスするのは理にかなっているし、みんなで広い芝の上をツーリングしたら楽しそうですよね。
そして国内で懸念される芝へのダメージについてですが、当然入念にテストされており全くの無害だそう。「いつか日本に行ってデモンストレーションするしかないな!」と笑っていましたよ。

 

今年大ブームが来そう!?

大手メーカーで特に印象に残ったのはコブラ。2019年の最新クラブ・KING F9のプロモーションがとてもカッコいい!ゴルファーにクルマ好きは多いと思われますが、映像と音の組み合わせがとてもお洒落でたまらないです。DEMODAYでも、キャロウェイに次いでKING F9が注目されていました。ファンサービスにとレキシートンプソンのサイン会も開かれていましたよ。
リッキーも勝ったことですし、もしかしたら今年はコブライヤーになるかもしれないですね!KING F9は2月中旬より予約開始になりますので、皆さんチェックしていてくださいね。

 

新しいこんなゴルフも!

皆さんは、GDOでも取り組んでいるナイトゴルフをご存知でしょうか?名前の通り夜にプレーするゴルフなのですが、ナイターとはまたちょっと違うんです。カラフルに発光するボールを使い、これまたカラフルなターゲットに向けてショットを打つ。一般的なゴルフと比べると、仲間とワイワイ楽しむことのできるナイトゴルフはエンジョイ要素が強く、初心者の入り口としても良さそうですよね。日本ではまだそれほど認知されていないと思いますが、PGA SHOWでは単体で出展されていて、すでに市場としてしっかり成立していました。

また、数年前から出展されているFLING GOLFも新しいゴルフの形として注目を集めていました。こちらはゴルフ×ラクロスといった感じで、専用のFLING STICKといわれる道具1本で行うスポーツです。こちらはゴルフから派生した新スポーツとして、独自の進化を遂げていきそうなかんじですね!

 

 

PGA SHOWのすべてをお伝えすることはできないのですが、少しでも雰囲気が伝わりますよう、写真をたくさん載せたいと思います!

 

 

まだ日本で展開されていないメーカーや商品も多数あり、これからのゴルフ用品界がどう動いていくのか楽しみになった、そんなPGA SHOWでした。GDOゴルフショップでもいち早くゴルフ界のトレンドをつかんで皆様に商品や情報を発信していけるよう、頑張っていきたいと思います!

 

 

ご感想をお聞かせください

お楽しみいただけるコンテンツをお届けするため、アンケートの協力をお願いしております。
今後の特集記事の参考にさせていただきます。(回答時間ー約30秒)