覚えておきたい気温別ウェアの組み合わせ~冬ゴルフ編~

朝晩と冷え込んできてラウンドするときに寒さ対策が必要になる季節になりましたね。しかし、寒いと思って着こんだら日中は暑くてプレーに集中にできないってことはありませんか?今回は今の時期にはどんなウェアの組み合わせをしたら良いのかまとめてみました!

①暖かい日差しでポカポカの日は

■天気:晴れ
■気温:10~13 ℃

<使用アイテム>
薄手セーター + 長袖ポロシャツ

 

晴れた日の日差しがポカポカとしている昼間なら、プレーしていると体が温まりさらに暖かく感じるのでアウターなしでもOKです。スイングの邪魔にならない薄手のセーターを選ぶと良いでしょう。

セーターはこちら▷
長袖ポロシャツはこちら▷
ロングパンツはこちら▷

 

 

②日差しがない時は

■天気:曇り
■気温:10~13 ℃

<使用アイテム>
薄手セーター + 長袖ポロシャツ + インナー

 

朝晩が冷え込む冬は脱ぎ着しやすい薄手のフルジップアウターがおすすめです。13℃ぐらいでも日差しが無いと、なかなか暖かく感じません。重ね着するとスイングしづらいので、そんな時には機能性インナーをプラス!保温・発熱効果があるインナーは冬ゴルフに欠かせないアイテムです。

セーターはこちら▷
長袖ポロシャツはこちら▷
インナーはこちら▷
ロングパンツはこちら▷

 

 

③じっとしていると寒い時は

■天気:晴れ
■気温:6~9 ℃

<使用アイテム>
ダウンベスト + 長袖ポロシャツ + インナー

 

10℃以下でも晴れた昼間だとプレーしているうちにだんだん体が温まってくるので、重ね着しすぎないように注意が必要です。おすすめはダウンベスト!袖がない分腕回りが動きやすく、スイングしやすいダウンべストはこの時期に重宝します。

ダウンベストはこちら▷
長袖ポロシャツはこちら▷
インナーはこちら▷
ロングパンツはこちら▷

 

 

④じわじわくる寒さには

■天気:曇り
■気温:6~9 ℃

<使用アイテム>
ダウンベスト + 薄手セーター+ 長袖ポロシャツ + インナー

 

長袖とダウンベストでは寒いと感じる方はセーターをプラスしてみましょう。また、同じ気温でも曇っていると寒く感じるので、セーター+ダウンべストで温度調節しましょう。セーターは厚手のものでなく、薄手のもので大丈夫そうです。

ダウンベストはこちら▷
セーターはこちら▷
長袖ポロシャツはこちら▷
インナーはこちら▷
ロングパンツはこちら▷

 

 

⑤冷え込む朝晩には

■天気:晴れ
■気温:3~6 ℃

<使用アイテム>
薄手ダウンジャケット + 薄手セーター+ 長袖ポロシャツ + インナー

 

朝晩は冷え込むので、薄手のダウンジャケットでしっかり寒さ対策をしましょう!動いている間は体が温まってくるので脱ぎ着しやすく持ち運びに便利な薄手のタイプがおすすめです。

ダウンジャケットはこちら▷
セーターはこちら▷
長袖ポロシャツはこちら▷
インナーはこちら▷
ロングパンツはこちら▷

終わりに

いかがでしたか。 寒くなってきたので着こんでしまいがちな時期ですが、動くと体が温まることも考慮すると良いですね。あえてアウターを厚手にしてスイングの度に脱ぐという人もいるので、スイング時などでストレスにならない組み合わせを見つけてみましょう。

 

ご感想をお聞かせください

お楽しみいただけるコンテンツをお届けするため、アンケートの協力をお願いしております。
今後の特集記事の参考にさせていただきます。(回答時間ー約30秒)