“点で支えて、面を広げる” ブリヂストン新JGR展示会レポート

新しいツアーB JGRが登場!」とのことで、先日都内某所で行われたブリヂストンの展示会に参加いたしました!
今作のJGRは、「点で支えて、面を広げる」”新しいテクノロジー”を採用したことによって、前作よりも飛距離性能が伸び、打感と打音がさらに柔らかくなっているとのことでした。
そんな新しいツアーB JGRを展示会で一足お先に見学、そして試打してきたので皆さんにご紹介いたします!

ドライバー

ドライバーは「点で支えて、面を広げる」クラブになっています。
この「点で支えて、面を広げる」とは、新しいコンセプトのテクノロジーで、「サスペンションコア」といいます。
この「サスペンションコア」は、反発性能が高いためにルールの基準を超えてしまう、中心部分の反発性能を抑え、その分の反発性能を周辺部に分散させています。
そうすることで、フェースのより広い部分を高反発エリアにすることができます。高反発エリアが広がることによって、高初速エリアの拡大、つまり”ミスヒットにもやさしい”クラブになっているとのことでした。

その「サスペンションコア」がこの部分です。
このサスペンションコアがフェースの中心部分を裏側から支え、反発性能を分散させています。また、先端部にポリマー(熱可塑性ウレタン)を装着することによって、弾き感マイルドな打感を生み出しています。
フェース面は、ミーリングの3本に1本をさらに粗いミーリングにすることによって、ボールの滑りを抑制し、フェース全体で低スピン化を実現し、さらに”飛距離性能が向上”したのだそうです。
詳細スペックは以下のとおりです。

 

アイアン

アイアンは今作は1モデルでの展開で、HF3のみになります。
このHF3アイアンは、前作のHF1とHF2アイアンを足した性能のアイアンで、飛びと打感が進化した、”高機能飛びアイアン”になっています。

フェースには最薄部1.4mmの新開発ディンプルフェースを搭載、さらに150%に拡大したパワースリットとの相乗効果で初速性能が向上しました。
フェース裏のディンプルフェースは、ディンプルが周辺部に向かって拡大するように配置されています。このディンプルの効果によってオフセンターヒット時の許容性が向上しました。
そのため”ミスにもやさしいアイアン”となっています。
また、このアイアンにも先ほどお話しした、「サスペンションコア」のテクノロジーが使われています。アイアンの場合はドライバーのような棒のような形状ではなく、振動吸収ポリマーをヘッド内部に充填をしており、それによって飛距離性能と打感がUPしています。

詳細スペックは以下のとおりです。

 

フェアウェイウッド

フェアウェイウッドは”安心感があり、やさしく飛ばせる”クラブになっています。
高強度マレーシング鋼を使った高初速フェースを搭載。
また、最薄部1.7mmの”薄肉フェース設計”でオフセンター性能も向上しているのだそうです。
ソールには剛性を高める”Power Rib”を配置することによって高剛性化しています。
ヘッドは大型のシャローヘッドで構えた時に安心感があり、低重心のためボールが上がりやすく芝の上からも打ちやすいクラブになっています。
詳細スペックは以下のとおりです。

 

ユーティリティ

ユーティリティは、つかまる高弾道設計”グリーンを狙える”クラブになっています。
フェアウェイウッドと同じく、高強度マレーシング鋼を使った高初速フェースを搭載。また、肉薄フェースでオフセンター性能も向上しています。
ヘッド形状はオフセット感があるためつかまりがイメージしやすく、アイアン感覚で構えやすくなっています。
詳細スペックは以下のとおりです。

 

 

一足お先にGDOバイヤーが試打してみました!

 

■バイヤーO

◆ドライバー
打点のブレに対する飛距離ロスの少なさはとてもいい点だと感じました。
ちょっとズレたかなという当たりでも「アレっ!?」と思う程飛んでいくので、最近流行りのやさしく安定的に飛ばせるドライバーという印象です。
弾道は高めで、オートマチックに高弾道で飛ばすことができます。また、擦り玉のような左右のスピンも少ないので、小細工で曲げようとしても曲げられず、プレッシャーの掛かる場面でも安心して振り抜けるのではないかと思います。
ブリヂストンらしくバランスの取れた総合点の高いギアだと感じました。ひとことでいうなら”ドーンって飛ばせるドライバー”です。

◆アイアン
バックフェースの厚みの割には構えてみるとスマートな印象で、アドレス時の違和感はなかったです。
打ってみるとそのバックフェースの厚みなりの打感で、フェースの後ろ側から何かに押されている感じでした。
ソリッドな打感ではなく、テクノロジーによって生み出された柔らかい打感といった感じです。
飛距離性能は高めで、その他の飛び系というアイアンの同じ水準で、弾道も高めです。
楽に高く遠くに飛ばしたい、でもボテっとした顔はちょっと、、、というゴルファーにマッチしそうだと感じました。

 

■バイヤーN

 

◆ドライバー
飛距離性能はかなり高く、幅広いユーザーが高打ち出し低スピンでやさしく飛ばせるドライバーだと感じました。
ミスかと思った当たりが曲がらず、かつミスとは呼べないほどの飛距離が出ました。
つかまりやすいドライバーでありながらもスクエアに構えやすく打感も柔らかいので気持ちよく振りぬきやすいといった印象を受けました。

◆アイアン
飛び系に分類されるアイアンであることは間違いないが、見た目はかなりすっきりしていて、普段飛び系のアイアンを使っていない自分でも違和感なく構えることが出来ました。
打ってみると「さすが飛び系!」といった飛距離性能で普段使っているアイアンと2番手ほど違う結果となりました。アイアン自体のロフトが立ってはいますが、弾道は高く打感も良かったです。
アイアンでさらに飛距離が欲しいゴルファーにおススメできるアイアンです。

 

今回ご紹介したブリヂストン新JGRは9/13(金)販売開始です。
また、9/30(月)まではクーポンで、GDO会員価格より10%OFFで購入していただけます!
この機会にぜひ、新たなテクノロジーによって「飛距離性能・やさしさ・打音・打感」が向上した新JGRをご検討ください!

 

 

ご感想をお聞かせください

お楽しみいただけるコンテンツをお届けするため、アンケートの協力をお願いしております。
今後の特集記事の参考にさせていただきます。(回答時間ー約30秒)