GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフショップ

簡単5分!自宅で出来るゴルフグリップ交換。ゴルフ用品・ゴルフクラブの通販ショッピング

毎日14時まで即日出荷!

会員登録(無料)するとおトクで便利な機能が使えます

ようこそゲストさん

注目キーワード :
海外発送/国際配送サービスの転送コム

> > > 簡単5分!自宅で出来るゴルフグリップ交換

カテゴリーから探す

あなたのグリップ“硬く、つるつる”になっていませんか?

グリップはカラダとクラブが唯一触れる部分。

つるつるなグリップは滑って弾道が乱れるだけでなく、滑らない様にと握ったその手には気づかないうちに力が入ってしまい、スイング全体に悪影響を及ぼしてしまいます。

グリップはゴムです。酸化するので、見た目は溝がしっかり残ったグリップでも、いつの間にか硬くなっている事があるのです。

保存状態にもよりますが1年程度での交換をオススメします!さっそく自分のグリップを確認してみましょう。

グリップ選び 3つのポイント  太さ(口径)・コード・バックライン

Point1 太さ(口径)

グリップサイズ「M58」や「M60」という表記は、内径を表しています。

内径が0.60インチのシャフトにM60のグリップを挿した時と、内径が0.58インチのシャフトにM58のグリップを挿した時の太さが同じになるように作られています。

すなわち、同じシャフトにさした場合、M58のグリップを指したほうが太く仕上がります。

Point2 コード入り、コードなし

コードが入っているものとそうでないものとでは、握った感触、
シャフトのしなりの感じ方が異なります。 自分にあった方を選びましょう。

コード入り

  • 硬いコードが内側に入っているため、握った感触が硬く、シャフトのしなりも感じにくくなります。
  • コードが表面に出ているため、摩擦力が高く、 濡れても滑りにくく、安心してスイングすることができます。

コードなし

  • グリップ自体が柔らかく、しっとりしたさわり心地が特徴です。
  • シャフトのしなりも感じやすくなります。

バックライン有り、バックライン無し

GDOからアドバイス ドライバーは安定して振りたいから「バックライン有り」、アイアンはショットを打ち分けたいから「バックライン無し」、といったようにこだわるのもあり!

グリップの後ろについているラインのことを『バックライン』といいます。
バックラインがあるものとないもので異なる特徴を理解して選びましょう。

バックライン有り

手の平の中でクラブを一定の位置で握りやすくなり常に安定したフェース向きで構えやすい。

バックライン
バックライン無し

フェースを開いたり閉じたりして握りやすく多彩なショットを打ち分けるのに向いています。

メーカー別に探す

Golf Pride

他を圧倒する支持率で歴史を創ってきた実力派「ゴルフプライド」

ゴルフプライドの商品一覧を見る
IOMIC

グリップ界に旋風を巻き起こした元祖カラーグリップ「イオミック」

イオミックの商品一覧を見る
NO1

Made IN JAPAN がこだわり抜いた新感覚「No1グリップ」

No1グリップの商品一覧を見る

Super Stroke

プロも愛用。パッティング時の手首の余計な動きを抑える「スーパーストローク」

スーパーストロークの商品一覧を見る

winn

衝撃吸収性・密着性が高い新素材エラストムを使用する「ウィングリップ」

ウィンの商品一覧を見る

Elite grips

ねじれ・水に強いNK510特殊合成ゴムを高精度で成形する「エリートグリップ」

エリートグリップの商品一覧を見る

ページの先頭へ

GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス