GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフショップ

5分でわかる!ゴルフシューズの選び方。ゴルフ用品・ゴルフクラブの通販ショッピング

毎日14時まで即日出荷!

会員登録(無料)するとおトクで便利な機能が使えます

ようこそゲストさん

注目キーワード :
海外発送/国際配送サービスの転送コム

> > 5分でわかる!ゴルフシューズの選び方

カテゴリーから探す

5分でわかる!ゴルフシューズの選び方

■5分でわかる!ゴルフシューズの性能を決める『選び方の重要ポイント』

ソールは主に2種類!初めてのゴルフシューズはスパイクレスがおすすめ

ゴルフシューズのソールは現在スパイクレスとソフトスパイクが主流です。スパイクレスは一見普通のスニーカーのように見えますが、ソールが凸凹していて芝生の上で滑りにくくなっています。
また、ゴルフスイング時に負荷がかかりやすいポイントを特殊なパターンにしたものもあります。一方ソフトスパイクは、ソールに取り外し可能な樹脂製のスパイクがついていて、スパイクレスよりもさらに滑りにくくなっています。

スパイクレスシューズのソール

ソフトスパイクシューズのソール

スパイクレスシューズのソール

ソフトスパイクシューズのソール

初心者の方、初めてのゴルフシューズはスパイクレスがおすすめです。滑りにくいという点ではソフトスパイクのほうが優れていますが、 近年はアメリカPGAツアーで活躍する選手を中心にプロゴルファーも試合で着用するほどスパイクレスも滑りにくくなっています。
また、スパイクレスシューズは普段履きも可能な点で使い勝手が良いのもおすすめのポイント。
車の運転や電車にもそのまま乗れるので、練習に行くときなどゴルフシューズを別に持ち歩かなくてもいいんです。
普通のスニーカーのようなデザインのものも多く発売されています。

締め方は主流になってきたダイヤル式が便利でおすすめ

ゴルフシューズには、一般的な靴紐で締めるタイプのほかに、近年はダイヤル式で簡単に着脱できるシューズが主流になってきています。
ワンタッチで締めたり緩めたりできる気軽さが魅力で、筆者も愛用しています。

スパイクレスシューズのソール

ダイヤル式シューズ

値段が紐タイプに比べて少し割高な点を除けば、靴全体が均一に締まるなどフィット感もよいなど、メリットが圧倒的に多いです。実際に使って気になる点があるとしたら、冬場の手がかじかんだ状態だとダイヤルが少し回しづらいということくらい。これに関してはどちらがおすすめというのはないので好みで選んでもらうのが良いでしょう。

素材は比較的安価でお手入れが簡単な合成皮革がおすすめ

普通の靴と同じく、ゴルフシューズのアッパー素材も天然皮革か合成皮革の2種類に大別できます。
天然皮革のほうが圧倒的に柔らかく、履き心地が良いのですが、値段が割高、メンテナンスが大変などのデメリットもあります。初心者の方、初めてのゴルフシューズには合成皮革を使ったシューズのほうがおすすめです。

ゴルフシューズ専業から総合スポーツメーカーまでブランドは多数

ゴルフシューズは数多くのブランドから発売されています。誰もが知っているスポーツブランドやシューズブランドから、これからゴルフを始める人にはなじみがないゴルフシューズ専業のブランドもあります。ここではGDOゴルフショップで人気のゴルフシューズブランドをいくつか紹介します。

FootJoy(フットジョイ)

FootJoy(フットジョイ)

シェアNo.1のゴルフシューズ専業ブランド。商品ラインアップも豊富で、高い機能性が魅力。ダイヤル式をゴルフシューズで初めて採用するなど革新的なシューズも数多く出してきているトップブランド。

adidas(アディダス)

adidas(アディダス)

誰もが知っているスポーツアパレルブランド。使用するプロも多く、幅広い年齢層に人気。4大メジャー大会やワールドカップにちなんだものなど限定モデルの発売も多い。

asics(アシックス)

asics(アシックス)

日本を代表するシューズブランド。ゴルフシューズへの参入は最近で、松山英樹プロが着用するなど人気が急上昇。19万人もの足型を研究したアシックスだから、たどりつけたフィット感が魅力。

MIZUNO(ミズノ)

MIZUNO(ミズノ)

日本を代表する総合スポーツブランド。ベテランのゴルファーを中心に人気で、ゴルフシューズにも日本の高い技術力を感じられる。靴幅のラインアップも豊富でフィッティングにも力を入れている。

ECCO(エコー)

ECCO(エコー)

北欧生まれのコンフォートシューズブランド。自前の革なめし工場を持つほどにこだわって作られたシューズは唯一無二の履き心地。シューケア用品も豊富に取り揃えています。

NIKE(ナイキ)

NIKE(ナイキ)

誰もが知っている総合スポーツブランド。他のスポーツシューズにも採用されるエアーやルナロンなど革新的な素材がゴルフシューズにも採用されています。

New Balance(ニューバランス)

New Balance(ニューバランス)

誰もが知っているスニーカーブランドで若い年齢層に人気。ゴルフシューズ市場への参入は新しく、ニューバランスのアイコンモデルである574などファッション性の高さも魅力。

年代別人気シューズブランド

20代

  • 1位
    フットジョイ
  • 2位
    アディダス
  • 3位
    アシックス
  • 4位
    ナイキ
  • 5位
    ミズノ
  • その他
    ニューバランス、エコー

30代

  • 1位
    フットジョイ
  • 2位
    アディダス
  • 3位
    アシックス
  • 4位
    ナイキ
  • 5位
    ニューバランス
  • その他
    ミズノ、エコー

40代

  • 1位
    フットジョイ
  • 2位
    アディダス
  • 3位
    アシックス
  • 4位
    ミズノ
  • 5位
    ナイキ
  • その他
    ニューバランス、エコー

50代

  • 1位
    フットジョイ
  • 2位
    アディダス
  • 3位
    アシックス
  • 4位
    ミズノ
  • 5位
    エコー
  • その他
    ナイキ、ニューバランス

初めてのゴルフシューズは1万円前後がおすすめ

ゴルフシューズは1万円~3万円といったところが相場です。各ブランドから様々なゴルフシューズが発売されていますが、大別すると下記のようになります。

  • 1万円前後:価格を重視したエントリーモデル
    1万5千円~2万円:機能やデザイン性が良くなったミドルクラス
    2万円以上:機能、デザインともにこだわったプロも使うハイエンドモデル

安いものは5千円前後でも手に入りますが、ゴルフシューズもファッションの一部として楽しんでもらいたいので1万円~1万5千円くらいを目安に選んでみましょう。

お手入れについて

ゴルフシューズを長くきれいに使うには、最初に使用する前の防水スプレーと、ラウンド後のお手入れが重要です。

買ったらすぐに防水スプレー!靴紐を全部抜いてからスプレーしましょう。屋外の風通しの良いところでスプレーしてください。10cmくらい離れたところからスプレーして、15分くらい風通しが良いところで乾かせばOK。

防水スプレー

ラウンド直後は、クラブハウスに入る前にソールについた泥をエアガンで吹き飛ばし、絞った雑巾でアッパーをしっかり拭きましょう。家に帰ってからもそのまま放置ではなく、もう一度濡れタオルでしっかり汚れをふき取り、一晩風通しの良いところで乾かしましょう。ゴルフ場で付く汚れは泥と芝生。ラウンド当日なら濡れタオルだけで汚れは十分に落とせます。

シューズキーパー

フットジョイ シュートリー (シューズキーパー)
フットジョイ
シュートリー (シューズキーパー)

以上、ゴルフシューズ選びのポイントと簡単なお手入れについてご紹介させていただきました。 それでは、お気に入りのゴルフシューズでゴルフをもっと楽しみましょう!

ページの先頭へ

GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス