花粉症でもゴルフがしたい!ゴルフ熱の強いGDO社員にアンケート調査!

寒い冬を越すとやってくるのは花粉の季節。今まで花粉症じゃなかったのに今年いきなりデビューしてしまったなんて人も少なくないと思います。しかしゴルファーにとって暖かくなるとラウンドシーズン到来!せっかくゴルフに行く機会が増えるのに花粉で悩まされるなんてもったいない!そこで、今回はゴルフ熱の強いGDO社員57人にどんな花粉症対策をしているのかアンケート調査しました!

花粉症って?

0310hayfever_img01

そもそも花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどを引き起こすものです。今まで花粉症じゃない方は一瞬風邪?と思うと思いますが、目のかゆみのようなアレルギー症状がでたら花粉症の可能性があります。

花粉症ゴルファー多数

0310hayfever_img02

そこで、GDO社員にとったアンケート結果によると、やはり花粉症ゴルファーが多数。しかし、花粉など気にせずゴルフへ行くという勇者な方が半数でした。好きなことをするためには我慢が必要だ!とゴルフ熱を爆発させていた方もいますが、ゴルフ場にはこんな花粉もあるようです。

ゴルフ場こそ対策必須!

0310hayfever_img03

 

ゴルフ場では、周辺にスギやヒノキが植えられているところが多く、日本ではあまりない芝花粉というものもあるのです、、、。

スギやヒノキの花粉が4月上旬にピークを向かえるのに対して、イネ科の花粉が飛ぶ芝花粉は6~7月に飛ぶ傾向があるので、油断は禁物です。花粉症ではない人も、「OBを打ちそうになったときボールが木に当たって花粉がバサーッとなった時は自分も花粉症になるかと思いました。」との声も。普段そこまで対策しない人もラウンド時はやはり対策が必要です。

ラウンド時の対策

0310hayfever_img04

花粉症対策のアイテムといえば、

・マスク

サングラス

・目薬

・薬

・花粉防止用スプレー etc,,,

日常の花粉症対策でも、マスクは特に必須アイテムですが、ラウンド時だと邪魔に感じることもありますよね。アンケート結果では、くしゃみは我慢できるけど目の痒みには耐えられないという人が21%という結果に。ラウンド時には目薬とサングラスは持っていたいアイテムです。くしゃみだって我慢できない!という場合、箱ティッシュ持参でカートに置くという人がいました。

また、最近では花粉対策スプレーなどを洋服にかけて、事前準備するという対策もあります。

αこんな対策しています

アイテム以外には、こんな対策をしている人が!

・ラウンド後はしっかりお風呂で洗い流すorお風呂に入らないときでも顔は洗って帰る

・ウェアは必ずビニール袋にいれて隔離

・クラブハウスに戻る時はウェアを叩いてから入る

・水分補給を増やす

・シャカシャカのタイプのウェアで、なるべく花粉を吸着させないようにする

とにかく花粉を付いたままにしないことがポイント。ラウンド後は疲れてしまうと思いますが、この時期はちょっと時間をかけてケアすることが大事です。

この時期のラウンドをより快適に

花粉症じゃない人も、これから花粉症デビューするかもしれません!ラウンド中は長時間外にいるので、この時期は花粉症対策を忘れずにゴルフを楽しんでください♪

ご感想をお聞かせください

お楽しみいただけるコンテンツをお届けするため、アンケートの協力をお願いしております。
今後の特集記事の参考にさせていただきます。(回答時間ー約30秒)