ゴルフデビューならまず練習場に行こう!利用方法A to Z

気づけばもう春、新年度の始まりですね!職場や環境が変わるという方も多いと思いますが、環境が新しくなるとともに、ゴルフをする機会って増えたりしますよね。「新しい職場の上司とゴルフに行くことになった!」「友達がゴルフを始めるみたいだから、一緒にやってみようかな」なんて方、いると思います。ゴルフを始めるには練習場に行くのが第一歩だと思いますが、ゴルフ初心者にとってはどんな練習場に行けばいいか、何を持っていけばいいか、利用方法など、とにかくわからないことだらけ。それがわからず悩んでいると、だんだん行くのも億劫になってきてしまいますよね。

そこで今回は、この春ゴルフを始める初心者の方に、練習場の利用方法を細かく解説していきます!

 

まずは練習場選び

練習場は、ネットで囲まれた空間でボールを実際に打って練習することのできる施設です。”練習場”と一言で言っても、広さや施設はその練習場によってさまざま。まずは初心者にマッチした練習場を選ぶポイントをおさえましょう!

●打ち放題…ミスを恐れることなくいっぱい打つことができます。

●100ヤード以上ある…広々として開放感があり、気持ち的に打ちやすくなります。

●2階がある…1階よりも安く、かつ自分のボールがどこに飛んだかが見えます。

●レッスンがある…ちゃんと基礎からしっかりやりたいなら是非。

●ショートコース付き…ちょっと慣れてきて楽しくなってきたらラウンドすることができます。

 

GDOのサイトでも練習場を簡単に探すことができるので、こちらのページをチェックしてみてください!

 

 

必要なものは?

行く練習場が決まったとなれば、次は持ち物を準備しましょう。最低限必要な持ち物は、グローブだけ!

 

 

レディスはこちらがおすすめ。

 

 

「え?クラブは用意しなくていいの?」と思ったそこのあなた。大丈夫です!多くの練習場はクラブをレンタルをしています。無料レンタルのところもあるので、サイトでチェックしてから行くのがベストです。まずは練習場のレンタルクラブを使って、うまくなってきたところで買うくらいでいいと思います。

服装については、ゴルフ場でラウンドするときはゴルフウェアを着ますが、練習場ではそこまでする必要はありません。動きやすい服装であればOKです。女性の場合、ミニスカートや胸元が大きく開いた服は避けるようにした方がいいですね。

靴もゴルフシューズでなく運動靴で十分!練習場によっては足元がゴムマットや人工芝だったりするので、ゴルフシューズだと裏にスパイクがあり逆に打ちづらくなるというケースもあります。また、クラブだけでなくシューズもレンタルしている練習場もあるので、まずは自分の持っている運動靴で行くのがいいと思います。

 

実際に練習場を利用してきました!

練習場の選び方・持ち物がわかったとなれば、次はいよいよ利用方法です。練習場に初めて行く方は、どんなところかも何をしたらいいかもわからず、緊張しますよね。そんなゴルフ初心者のために、練習場に到着してから帰るまでの流れを実際に練習場に行ってばっちり取材してきました!ゴルフ場によって利用方法や仕組みは様々ですが、一例としてぜひ参考にしてください^^

 

◇協力してくれた練習場はここ!◇

東宝調布スポーツパーク

◆中央高速調布ICから車で約5分

230ヤード天井ネットなしの、広々とした開放感のある練習場です。練習の成果を試せるショートコースや、スイングのみならずマナーやエチケットを教えてくれるレッスンなども充実しています。

 

1.受付 

まずはフロントへ。「初めて利用するのですが…」と声をかけてみましょう。練習場によって支払方法や利用方法は異なるので、フロントの指示を仰ぐのが一番です。東宝調布スポーツパークでは、現金チャージ式のICカードを使って精算や打席の登録をしますので、まずはカードを発行しましょう。簡単な手続きですぐにカードをGet。

 

専用の機械にカードをかざし、現金をチャージします。電車を乗るときに使うICカードのチャージと要領はほぼ同じです。これで下準備は完了!

 

2.打席を選ぶ

次に、フロントにあるチェックイン機のモニター画面で希望の打席を選びましょう。練習場によって料金体系は異なりますが、東宝調布スポーツパークの場合、打席料は一律250円、ボール代は

平日1F:14円 2F:13円 

土日祝1F:17円 2F:16円

となっており、2階の方が安くなっています。

打席が決まったら、打席番号カードをもらいます。クラブのレンタルもフロントに一声かければすぐに借りられます。初心者ならまず7番アイアン1本でOK。慣れてきたら、SW(サンドウェッジ)、ドライバーと進んでいきましょう。

打席が決まったら、ロッカールームで動きやすい服装に着替えます。

 

打席が混んでいるときはロビーで待機です。待ち番号カードが発行され、打席が空き次第番号が呼ばれる仕組みになっています。ロビーにはウェアやキャディバッグ・シューズなど、各種ブランドが揃えられたセレクトショップもありますので、眺めていたらあっという間に時間が過ぎそうですね。

 

3.打つ!

いよいよ打席へ!フロントでもらった打席番号カードに書いてある番号のところへ行き、打席のコントロールボックスにカードをかざすと、チェックインが完了。

コントロールボックスでは、ティーの高さの変更や利用打球数・残りの打球数等を確認・変更することができます。ティーの高さは、アイアンなら芝生とボールの間に指一本入る程度の高さに合わせましょう。

そして、ボールを打つ前の準備運動も忘れずに!特に初心者の場合は、慣れない動きをするので次の日筋肉痛で大変なことになります。素振りをして体を慣らしたら、どんどんボールを打ってみましょう。ボールは地面から自動で出てきます。

1打席ずつに鏡がついているので、自分のスイングをチェックしながら練習することができます。通路でクラブを振り回したり、大きな声でしゃべったりすることはマナー違反なので避けましょう。

 

4.終了

そろそろ終わりにしたいなと思ったら、コントロールボックスの「メニュー」から「終了」ボタンを押して終了します。

着替えが済んだらフロントに戻り、打席番号カードとレンタルクラブを返却します。車で来られた方は、駐車券にスタンプを押してもらうのを忘れずに!

 

 

練習場マスターになって上達しよう

練習場利用の流れは以上になります!なんとなくイメージや流れをつかむことができたでしょうか?練習場によっても利用方法は異なるので、だいたいこんなかんじ!というイメージさえ持てれば十分だと思います。初めてゴルフをやるという方も、最近練習場に行ってないな~という方も、ぜひこの春は練習場をたくさん利用してぜひゴルフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ご感想をお聞かせください

お楽しみいただけるコンテンツをお届けするため、アンケートの協力をお願いしております。
今後の特集記事の参考にさせていただきます。(回答時間ー約30秒)